■コツは少しずつ続けること
一人暮らしは自由で楽しいものですが、すべて自分でしなければいけないのがたいへんですよね。もちろん、掃除も欠かせません。一人暮らしの掃除の秘訣は、ズバリ「溜めない」こと。汚れが溜まってしまうと掃除が億劫になり、ますます溜まっていきます。

きれいな部屋を維持していくには、少しずつやっていくことがコツなのです。

■ホコリ対策を万全に
部屋に発生するゴミは、食べものから落ちるカスや抜けた髪の毛などを除けば、だいたいがホコリです。ホコリは、洋服や寝具の繊維、外から入るチリや花粉、ダニの死骸やフンによってできています。これらは生活していく上で、どうしても発生するものなのですね。

ということは、こまめにホコリさえ除去していけば、部屋はきれいなままでいられるのです。ホコリは軽く、少しの空気の動きですぐに舞い上がってしまうので、照明器具のカサや家具、家電製品に溜まっていきます。ですから、静電気でホコリを付着させるハンディモップなどで上から下へととっていきましょう。

1日か2日おきくらいの間隔でしておくと、サラ~ッとなでるだけでホコリを除去できます。短時間でできますし、簡単ですよね。

■使いやすい掃除機を
ネットやメディアで話題の海外製掃除機やロボット掃除機はとても魅力的ですが、いざ使ってみると、しっくりいかないこともあります。大きくて思い掃除機では取り出して掃除を始めるのが億劫になりますし、掃除機はせまい部屋ではあまり効力を発揮できない上に、事前に小物などをよけておかないと絡み付いて故障の原因にもなります。

あまり掃除に手間をかけたくないのであれば、置き場所をとらないハンディタイプのものやスティックタイプのもののほうが、サッと取り出してすぐに使うことができておすすめです。つまり、掃除機は自分が使いやすいものを選ぶのがコツです。一人暮らしでも広い家であれば、大型のものやロボット型のほうが適していることもあるのです。

部屋の広さや間取り、そして自分の性格に合ったものを吟味してくださいね。

■水周りも汚れたらすぐ拭く工夫
キッチンのシンクは、使ったらすぐに拭けるように布巾やペーパータオルを用意しておくと、汚れを溜めないで済みます。洗面台も同様ですね。ハミガキをしながら片手で磨けるアクリルタワシなどを置いておきましょう。トイレも、汚したらすぐ拭けばいつまでもきれいです。

トイレ用のお掃除シートや、二度拭きがいらないスプレー洗剤を常備しておきましょう。